虫歯治療


当院の虫歯治療

虫歯の部分を削り、可及的に健康な歯質を残して適切な歯科材料で修復をします。
虫歯が小さい場合は歯科用プラスチック「コンポジットレジン(CR)」を用いて修復を行います。
審美性の求められる上の前歯や、咬合力のかかる奥歯では、保険適用外の歯科用プラスチック「ダイレクトボンディング」を提案することもございます。

虫歯が大きい場合は型取りをして「インレー・アンレー」と言われる詰め物を製作し修復します。
その際、当院では型取り前に薬剤による下地作りをご提案しております。下地を作ることで歯の神経を保護するとともに、二次カリエスを防ぐことができます。薬剤が保険適用外になることもございますが、当院ではこの処置によって、患者様ご自身の歯を永く残すことを心がけております。

当院で用いる材料の一例

インレー素材

治療例

Metal
 

メタルインレー術前メタルインレー

Composite Resin
( Direct Restoration )

コンポジットレジン術前コンポジットレジン術後

Hybrid Resin
 

ハイブリッドレジン術前ハイブリッドレジン術後

Ceramics
 

セラミックインレー術前セラミックインレー術後

©NIHOMBASHI CLINIC DENTAL OFFICE.